【10名限定】テレワークにおける社員のメンタルヘルスについての座談会

テレワークにおける社員のメンタルヘルスについての座談会

2020年から、新型コロナウィルスの影響で急速に普及が進んだテレワークは、各企業で制度化されてきています。今後も出社とテレワークを組み合わせたハイブリット型の働き方をはじめとし、テレワークを継続する方針の企業が多い傾向にあります。

働き方の変革が進む一方で、テレワークが原因で社員のメンタルに問題が発生するという事例も出てきています。テレワークにおけるコミュニケーションの難しさや、在宅で働くことによる切り替えの難しさなどがストレスになっているようです。この問題に対し、企業としての取り組みを検討している企業が多くなっています。

弊社は2015年ごろからテレワークに関する情報を社会に向けて発信するメディア「Remote Work Labo」の運営や、仮想オフィス「Remotty」の開発・提供を中心として、テレワークの普及を進めてきました。その中で様々な企業の取り組みやノウハウを日々研究しています。

そこで今回はテレワークとメンタルヘルスを軸に、座談会形式で参加者の方々と一緒にお話するイベントを開催いたします。

当日の内容

  • テレワークと社員のメンタルヘルスにおける課題
  • 企業が取るべき対応策事例
  • 質疑応答・ディスカッション

※本セミナーは新たな働き方に対して持っている疑問・課題等をディスカッションする場を設けます。
※講師・参加者同士の交流を深めるために10名限定とさせていただきます。興味がある方はお早めに申し込みください。

開催概要

日時:12月8日(水)19:30-21:00
(いずれかご都合の良い日程をお選びください)
参加費:無料
参加方法:Zoomを利用したセミナー
定員:10名(1社2名まで)

※同業他社のご参加はお断りいたします。
※複数名のお申し込みの場合も、お手数ですがお一人ずつお申し込みください。

登壇者情報

八角

八角 嘉紘(株式会社ソニックガーデン

大手コンサルティング会社で営業・マーケティングに関するコンサルティングを経験。現在は仮想オフィスを開発している「Remottyカンパニー」のカンパニー長。近年では全社員リモートワークをしながら事業運営をしてきたノウハウを広く世の中に提供する活動をしている。