リモートワークのための
仮想オフィス

Remottyはリモートワークで失われがちな「人がいる存在感」「雑談」「声かけ」「他の人の声」「相談」といった、オフィスで働いていた時に自然と行っていたコミュニケーションを実現するための仮想オフィスツールです。

お問い合わせ 資料ダウンロード

リモートワークは
オフィスよりコミュニケーションが減る?

オフィスで普段行っているコミュニケーションは、ほとんど既存のチャットツールやweb会議ツールを使って、オンラインに置き換えることが可能です。

でも「なんか足りない」「寂しい」「一緒に仕事している感じがしない」…「オフィスに比べて物足りない」、そんなことはありませんか?

必要なのは「リアルタイムのオープンコミュニケーション」

ここで足りないのは、「雑談」「挨拶」「軽い声かけ」のような、なんでもないコミュニケーションです。

オフィスにいた頃は、自然に行われていたこの「リアルタイムのオープンコミュニケーション」、これをweb上で行うことができるのが「Remotty」の最大の特徴です。

Remottyが心理的安全の構築をお手伝いします

誰もが不安を感じることなく、思ったことを自由に発言したり、行動に移したりできる環境を「心理的安全性」と呼びます。

離れた場所で働く人々が、チームワークを発揮し、より生産性の高い仕事をするためには、この「心理的安全性」が不可欠です。Remottyなら、リモートワークのコミュニケーション問題を解決し、「心理的安全性」を構築するお手伝いをします。

仮想オフィス Remotty なら

顔が見える

Remottyにアクセスすると、PCのカメラで自動撮影された写真が2分間隔で仲間に共有されます。席にいる、電話をしているなど「今」の様子がひと目でわかるので、 オフィスと同じように声をかけられます。

自分の座席スペースがある

オフィス同様、各自の席を用意しています。席で呟いたことや、話したことは通知されないため気軽に自分の状況や気持ちを呟いてもいいし、他の人を呼んで雑談することもできます。

周囲の声・つぶやきが見える

コミュニケーションで重要性を増している雑談。仮想オフィスでは雑談がSNSのようにタイムラインで流れます。仲間の状況が「なんとなく理解できる」ことがコミュニケーションのしやすさにつながります。

会議がワンクリックで始められる

通常のオフィスだと「参加人数が入る会議室の空きを確認して予約」という調整が大変です。デジタル空間を使う仮想オフィスでは、外部のテレビ会議ツールと連携して、数十人でも入れる会議室がクリック1つで作れます。

カレンダー連携で予定がわかる

Googleカレンダー、Office365、iCalendar(サイボウズ等)と連携可能です。誰かに声かけする際に「今何をしているのか」、「次の予定はいつからなのか」がわかり、より声かけがしやすくなります。

入退室ログが見える

Remottyへの入室(アクセス開始)時刻および退室(アクセス終了)時刻を自動で見える化。効率よく勤怠管理に活用できます。

実際の様子

よくあるご質問

Q:
通信量が気になります
A:
Remottyのカメラ機能は約2分間に1回の撮影の静止画をアップロードするものなので、通信量はオンライン会議システムと比較すると、非常に少ない通信量でご利用いただけます。約50名が1時間同時利用した場合の1人あたりの通信量を計測したところ 5.6MBでした。
※【比較】Zoomのテレビ会議を1時間利用時:約1400MB
Zoomの約0.4%の通信量です。
Q:
部署やチームごとに環境を分けられますか?
A:
可能です。実際のオフィス同様に部屋を行き来することも可能です。
Q:
すでに別のコミュニケーションツール(チャットツール、テレビ会議ツール)を使っているのですが?
A:
併用していただけます。他のコミュニケーションツールとRemottyと連携させることもできるのでぜひお試しください(一部開発中)

運営会社

「Remotty」を運営しているのは、2011年から自社のリモートワーク化に取り組んでいる株式会社ソニックガーデンです。現在では全社員リモートワーク物理オフィスなしという状態で働いていますが、この働き方に欠かせないのが仮想オフィス「Remotty」です。

詳しく

株式会社ソニックガーデン:受賞歴