リモートワークのための
仮想オフィス

Remottyはリモートワークで失われがちな「人がいる存在感」「雑談」「声かけ」「他の人の声」「相談」といった、オフィスで働いていた時に自然と行っていたコミュニケーションを実現するための仮想オフィスツールです。

お問い合わせ 資料ダウンロード

リモートワーク失敗の原因、それはオフィスでやっていたコミュニケーションがなくなること

既存のチャットツールだけを使ったリモートワークでは、業務連絡だけになってしまい、今までオフィスで自然と行われていた「挨拶」「雑談」「軽い声かけ」が失われます。

また、お互いの顔が見えず、今そこに相手がいるのかどうか分からないので、チームでの一体感がなくなり結果的に生産性が下がります。

オフィスならではのコミュニケーション

人がいる存在感 軽い声がけ 挨拶 周囲の声 相談 雑談 つぶやき

仮想オフィス「Remotty」は以下の機能で上記の問題を解決します。

仮想オフィス Remotty なら

顔が見える

Remottyにアクセスすると、PCのカメラで自動撮影された写真が2分間隔で仲間に共有されます。席にいる、電話をしているなど「今」の様子がひと目でわかるので、 オフィスと同じように声をかけられます。

自分の座席スペースがある

オフィス同様、各自の席を用意しています。席で呟いたことや、話したことは通知されないため気軽に自分の状況や気持ちを呟いてもいいし、他の人を呼んで雑談することもできます。

周囲の声・つぶやきが見える

コミュニケーションで重要性を増している雑談。仮想オフィスでは雑談がSNSのようにタイムラインで流れます。仲間の状況が「なんとなく理解できる」ことがコミュニケーションのしやすさにつながります。

会議がワンクリックで始められる

通常のオフィスだと「参加人数が入る会議室の空きを確認して予約」という調整が大変です。デジタル空間を使う仮想オフィスでは、外部のテレビ会議ツールと連携して、数十人でも入れる会議室がクリック1つで作れます。

カレンダー連携で予定がわかる

Googleカレンダー、Office365、iCalendar(サイボウズ等)と連携可能です。誰かに声かけする際に「今何をしているのか」、「次の予定はいつからなのか」がわかり、より声かけがしやすくなります。(2020年7月末リリース予定)

入退室ログが見える

Remottyへの入室(アクセス開始)時刻および退室(アクセス終了)時刻を自動で見える化。効率よく勤怠管理に活用できます。