Slack連携方法

Slackで自分が参加しているチャンネルに投稿があった際、Remottyのタイムラインに投稿を流すことができます。複数ワークスペースの連携も可能です。

※タイムラインは基本全員同様のものが表示されますが、Slack連携については自分にしか見えませんのでご安心ください。

※プライベートチャンネルへの投稿もタイムラインに表示されますが連携タイミング等により、タイムラグがあったり、表示されないことがあります。一度連携解除し、再連携いただくと解決する場合がありますのでお試しください。(連携解除方法は当ページの最下部に記載しています。)

Remottyを「オフィス空間として」、Slackを「仕事のコミュニケーションツールとして」という利用がよりやりやすくなります。

STEP①:Slackワークスペースの管理者が「Slack app directory アプリの管理画面」で以下の設定を行う

Slack app directoryのアプリ管理画面への遷移方法

<要チェック>
・「通常のメンバーによる、アプリの承認リクエスト機能の利用を許可する」にチェックをつける
・「Slack App ディレクトリのアプリのみを許可する」をオフにする(※Slack App ディレクトリには現在申請中です)

STEP②:管理者ページで「ツール連携」→「Slack連携を有効化」(Remotty管理者のみが操作可能)

STEP③:右上の歯車マークに「Slack連携」が表示されるのでクリック

STEP④:内容を確認し「許可する」をクリックするとSlack連携の完了画面が表示される(Slackのアプリマネージャーにインストールのリクエストが必要な場合があります)

※Slackの投稿がタイムラインに表示されるまでに時間がかかる場合があります。特に初回連携時、プライベートチャンネルのタイムライン反映に時間がかかる場合があります。

連携完了です

Slack投稿をクリックすると
Slack画面に遷移できます

 

※Slack連携の解除はRemotty側ではなくSlack側で設定が必要です(Slackのワークスペース 管理者のみが操作可能)

①デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。

②メニューから「その他の管理項目」を選択し、「アプリを管理する」をクリックして Slack App ディレクトリを開く

③SlackApp ディレクトリで、「Remotty」を選択

④個人ごとにスラック連携を解除したい場合は個人名の右側にあるゴミ箱マーク、全員一括で解除したい場合は最下部の「アプリを削除する」をクリック

⑤Slack連携の解除完了

※今まで右側に表示されていたSlackの情報は削除されます。