リモートワークのための
仮想オフィス

Remottyは在宅勤務で失われがちな「人がいる存在感」「雑談」「声かけ」「他の人の声」「相談」といった、オフィスで働いていた時に自然と行っていたコミュニケーションを実現するためのバーチャルオフィスツールです。

無料トライアル 資料ダウンロード

メディア掲載

メディア掲載実績

リモートワークは
オフィスよりコミュニケーションが減る?

職場で普段行っているコミュニケーションは、ほとんど既存のチャットツールやweb会議ツールを使って、オンラインに置き換えることが可能です。

でも「なんか足りない」「寂しい」「一緒に仕事している感じがしない」…「オフィスに比べて物足りない」、そんなことはありませんか?

必要なのは「リアルタイムのオープンコミュニケーション」

ここで足りないのは、「雑談」「挨拶」「軽い声かけ」のような、オフィスにいれば意識にのぼらない、何気ないコミュニケーションです。

オフィスにいた頃は、自然に行われていたこの「リアルタイムのオープンコミュニケーション」、これをweb上で行うことができるのが「Remotty」の最大の特徴です。

Remottyが心理的安全の構築をお手伝いします

誰もが不安を感じることなく、思ったことを自由に発言したり、行動に移したりできる環境を「心理的安全性」と呼びます。

離れた場所で働く人々が、チームワークを発揮し、より生産性の高い仕事をするためには、この「心理的安全性」が不可欠です。Remottyなら、テレワークでのコミュニケーション問題を解決し、「心理的安全性」を構築するお手伝いをします。

仮想オフィス Remotty なら

顔が見える

Remottyにアクセスすると、PCのカメラで自動撮影された写真が2分間隔で仲間に共有されます。席にいる、電話をしているなど「今」の様子がひと目でわかるので、 オフィスと同じように声をかけられます。

自分の座席スペースがある

オフィス同様、各自の席を用意しています。席で呟いたことや、話したことは通知されないため気軽に自分の状況や気持ちを呟いてもいいし、他の人を呼んで雑談することもできます。

周囲の声・つぶやきが見える

コミュニケーションで重要性を増している雑談。仮想オフィスでは雑談がSNSのようにタイムラインで流れます。仲間の状況が「なんとなく理解できる」ことがコミュニケーションのしやすさにつながります。

会議がワンクリックで始められる

通常のオフィスだと「参加人数が入る会議室の空きを確認して予約」という調整が大変です。デジタル空間を使う仮想オフィスでは、外部のテレビ会議ツールと連携して、数十人でも入れる会議室がクリック1つで作れます。

カレンダー連携で予定がわかる

Googleカレンダー、Office365、iCalendar(サイボウズ等)と連携可能です。誰かに声かけする際に「今何をしているのか」、「次の予定はいつからなのか」がわかり、より声かけがしやすくなります。

入退室ログが見える

Remottyへの入室(アクセス開始)時刻および退室(アクセス終了)時刻を自動で見える化。効率よく勤怠管理に活用できます。

実際の様子

よくあるご質問

Q:
通信量が気になります
A:
Remottyのカメラ機能は約2分間に1回の撮影の静止画をアップロードするものなので、通信量はオンライン会議システムと比較すると、非常に少ない通信量でご利用いただけます。約50名が1時間同時利用した場合の1人あたりの通信量を計測したところ 5.6MBでした。
※【比較】Zoomのテレビ会議を1時間利用時:約1400MB
Zoomの約0.4%の通信量です。
Q:
最大何人まで使えますか?
A:
1環境あたり100人までお使いいただけます。また、環境を複数ご用意することができますので、チームや部署ごとに分けて使っていただくことも可能です。
Q:
すでに別のコミュニケーションツール(チャットツール、オンライン会議ツール)を使っているのですが?
A:
併用していただけます。他のコミュニケーションツールとRemottyと連携させることもできるのでぜひお試しください(一部開発中)
Q:
2分間隔でのカメラ撮影に抵抗があります
A:
自宅を撮影したくないという方へ向けてのバーチャル背景機能や、画像の共有ではなく在籍状況をカメラで判定して表示する機能もございますのでご安心ください。
Q:
対象のデバイスは何ですか?
A:
基本的にはPCのブラウザ(Google ChromeまたはMicrosoft Edge)を使ってのご利用となります。スマホやタブレットでもご利用いただけますが一部機能に制限があります。

利用者の声

世界最大の民間気象情報会社である株式会社ウェザーニューズ様が、リモートワーク実現のためにRemottyを導入しました。
BacklogやCacoo、Typetalkなどのチームコラボレーション関連サービスを開発している株式会社ヌーラボ様。現在国内だけに限らず、海外拠点も含めたチームで会社を運営されています。

料金

最大収容人数 月額利用金額
()内はストレージ容量
10名 20,000円 (20GB)
20名 40,000円 (40GB)
30名 60,000円 (60GB)
40名 80,000円 (80GB)
50名 100,000円 (100GB)
60名 120,000円 (120GB)
70名 140,000円 (140GB)
80名 160,000円 (160GB)
90名 180,000円 (180GB)
100名 200,000円 (200GB)

※101名以上で利用の場合は別途お問い合わせください。
※上記金額は税別となります。
※最低契約期間は6ヶ月です。
※複数の環境をご利用いただく場合、環境の数だけ料金がかかります。

導入までの流れ

Remottyではツールの提供に加え、馴染みのない「仮想オフィス」の導入支援として、リモートワーク導入・推進の部分からサポートします。

他社の事例や社員全員リモートワークをしているソニックガーデンの取り組みなど惜しみなくご提供します。

STEP 1お問い合わせ

  • まずはお問い合わせより御社の状況についてお知らせください

STEP 2 個別面談

  • 仮想オフィス「Remotty」の使いかたについて説明いたします

STEP 3 トライアル開始

  • トライアル利用
  • 必要に応じて、社員の方を集めての説明会の実施も承ります

STEP 4 契約判断

無料トライアルの申し込み

*入力されたメールアドレスに広告を含むお役立ち情報をお送りする場合がございます。