avirityinformationロゴ
導入事例

メンバーを俯瞰できるバーチャルオフィスで、離れていても円滑な情報把握ができる!

株式会社Avirity Information 奥野様

コロナをきっかけに、リモートワークに移行

株式会社Avirity Informationは、受託開発・自社開発の両方を行うソフトウェア開発会社です。建設会社・通信事業者向けのシステム開発・保守、ホームページ制作などが弊社のメイン事業です。自社開発事業では、maria@homeという知育・学習アプリを開発しています。

新型コロナウイルスの流行がきっかけで、リモートワークを始めました。Remottyの開発会社であるソニックガーデン自体がリモートワークを長年継続していることを知り、そのソニックガーデンが開発したツールであるRemottyなら導入の価値があるのではと考え、お問い合わせに至りました。今は、業務連絡用にSlack、Remottyを挨拶や在席確認、雑談など、オフィスでしていたコミュニケーションの代わりとして使用しています。

出社しているか、話しかけていいかがすぐわかる

Remottyを使ってみて、小さいアイコンが並んでいることで、出社している時よりも社員の状況が把握しやすいと感じています。出社をしているときは、その場にいない人が出社していないのか、トイレにいっているのかもよくわからなかったりしました。けれどRemottyでは、1画面上で全員の様子が把握でき、今誰が何をしているのか、話しかけても大丈夫かということがすぐにわかるのが嬉しいですね。

他には、バーチャル背景を設定することで自分の家の様子を隠すことができたり、通知をミュートにしている人に緊急で気づいてもらえる「トントン」機能があったりと、ユーザーとしても楽しく使えるツールだと感じます。

株式会社Avirity Information代表取締役
奥野友美様

社員様の声

合志様 

コロナの流行後に入社したため、会社の中で直接お会いしたことがない人もいるのですが、毎朝仕事の始めにRemottyを開くことで、この会社で、このチームで働くんだなという気持ちが沸き、仕事モードのスイッチを入れることができます。また、ちょっとした質問をしたいなと思ったとき、オフィスだとすぐに声をかけることができますが、リモートワークをしていると、タイミングが難しいなと思ってしまいます。Remottyを開くと、電話をしている、席を外しているなどの様子が分かるので、誰かに声をかける前はRemottyを見るようにしています。

渡邉様 

弊社は、ほぼ全員がフルリモートで勤務していますが、その状況下でも、寂しさや孤独感を感じずに仕事ができているのは、Remottyのおかげだと思っています。当初は、フルリモートだと、会議以外のコミュニケーション機会がなくなることや、そこからくる孤独感を強く懸念していました。

Remottyでは、メンバーのリアルな状況を視覚的に把握することができるので、オフィスにいるような安心感があります。Remottyによって「みんな」で仕事をしているような感覚を得られたことで、コミュニケーション不足になることもなく、リモート勤務へのアレルギーがなくなりました。

川向様 

私は、入社時よりオールリモートワークなのですが、Remottyに他の社員の方の写真がずっと表示されているからか、あまり寂しいと感じたことはありません。1人で仕事をしていても、孤独感を感じないというのは、Remotty のおかげだと思っています。

また、リモートワークは仕事の効率が下がるという声も、他社で働いている友人などからは聞くのですが、自分の顔もずっと映っているので、適度な緊張感を持って仕事することができ、効率が下がっていると感じたこともありません。

竹内様 

弊社では、Remotty利用はコロナ禍を受けてリモートワークを導入がきっかけでした。それまでは物理出社ありきのコミュニケーションや業務形態だったため、「今までのように、社内のメンバーとコミュニケーションを取れるのか」「自分は、リモートワークでオンとオフをちゃんと分けられるのか」という不安を個人的には抱えながらのスタートとなりました。

ただ、リモートワーク開始当初からRemottyを使っていたところ、顔見せと挨拶の運用で使っているうちに、物理的な距離を感じつつも、業務には一切問題なく業務が出来ることや、写真共有の三段階の機能を自分のオンオフの機能と割り切るうちに、不安は杞憂へと変わっていったように感じます。Remottyの機能をすべて使っているわけではないのですが、シンプルな操作で好きな機能を組み合わせて使用できるのが良かったですね。

また、リモートワーク開始直後は、オフィスの契約を検討していた頃だったので、内見などにも出向くことが続いていたのですが、今回のフルのリモートワークでも全く業務影響なしという経験が元となり、オフィス縮小に繋がりました。振り返ってみて、導入して良かったとしみじみ思います。

飯沼様 

コロナ禍の影響で、弊社も2020年からリモートワークを開始し、Remottyを導入させていただきました。リモートでの業務にみんなが慣れ始めた頃、オフィス縮小の話が上がりました。その頃はまだ、月に何度か出社し、メンバーと顔を合わせる機会もありましたのでオフィスが縮小し、完全リモートになることに対して、多少なりとも不安はありました。しかし実際にオフィスが縮小し、完全リモートに移行してみると、嘘のように不安を感じなくなっていました。

慣れというのはもちろんあったと思いますが、一番はRemottyの存在だったと思います。弊社では毎日、出社時や、休憩時、退社時に、Remotty上で挨拶(コメント)をするようにしているおかげで、オフラインで業務をしていた頃よりもメンバーが今なにをしているのか、把握しやすくなりました。RemottyのTOP画面で全メンバーを一望できるので、メンバーとの距離がとても近くに感じ、リモートへの不安がなくなっていったのだと思います。Remottyを通じて、今日もメンバー皆挨拶を交わしています。

株式会社Avirity Information