cloudbox_logo
導入事例

完全リモートワークになっても雑談の場があるから、いつでもメンバー同士が近く感じられる

株式会社クラウドボックス 徳永様

私たち株式会社クラウドボックスは東京の吉祥寺にオフィスを構えるデザイン会社です。グラフィックデザイン、ウェブデザインを中心にして、お客様の想いをカタチにすることをモットーに、幅広く表現のお手伝いをしています。

メンバー全員が「雑談の重要性」を共通認識として持つ

数年前から始めていたリモートワークを新型コロナウィルスの流行をきっかけに完全リモートワークをすることにしました。オフィス勤務がメインだったころから、雑談は頻繁におこない、メンバーみんなにも「雑談の重要性」は日々伝えていました。

完全リモートワークになってから、オフィスで行っていた「雑談」をする場所が必要と思い、Remottyを活用していくことにしました。

「挨拶」「雑談」「つぶやき」のしやすさを作るために

毎日、朝会30分

毎日朝会を30分行っています。お互いに朝の気分を共有し、仕事を始める前の気持ちをシェアし、雑談を行っています。その朝会を行うことで、Remottyへのつぶやきやすさが継続されているように思います。また、顔写真を共有することで、お互いがそこにいることがわかり、同じ空間にいるような感覚を持つことができます。

「仕事始めます」や「ちょっと休憩します」といったステータス共有だけでなく、「パソコンが調子悪いので再起動します」といった業務にも影響が出る内容もRemottyにつぶやくことで、お互いの状態を知ることができます。これらの業務に直接関係のないつぶやきは他のツールではなかなか行うことができません。

こうした、「空気」というか「雰囲気」のような「薄いつながり」をRemottyが実現してくれることで、一緒にオフィスにいるような感覚を持てているのだと思います。

リモート食事会

それでも、メンバー同士がリアルにあうことはなかなかできないので、先日はそれぞれの自宅に同じ料理を送って食事会をする。といったイベントも企画しました。

選択肢が限られている今だからこそ、できることを日々模索し続けているんです。

リモート食事会の様子

業務の場と雑談の場をしっかりと分ける

業務の内容は以前から利用していたチャットワークに集約し、雑談やつぶやきはRemottyで行う。この使い分けがメンバーたちもしっかりできています。完全リモートワークになって約1年、チャットワーク、Zoom、スプレッドシート、Remottyこれらのツールを使いこなし、リモートで働くことにメンバーたちも慣れました。

業務もコミュニケーションも問題なくできているのは、元々オフィスで働いていたころから雑談をすることを大事にしてきたからだと思います。これからは、新しいメンバーを迎えたときにリモートでどのように業務のやり方や価値観を共有していくのかというのが課題だと思っています。それらの課題にも試行錯誤しながらチャレンジしていきたいと思っています。

株式会社クラウドボックス